ゲシェ「チベット仏教の博士号」を目指している僧侶たちに緊急に里親が必要  
 

名前  ロサン・テンパ 2015年 37才

出身地  東チベットカム

僧院  2004年セラ僧院に入門

年齢 37才

 

兄弟4人と両親。

畑するは難しいから彼の家族以外に村の人々は皆ほかの村に引っ越ししました。家族だけそくに残っている為ハリネズミが大変増えて、畑のものを全部食べられてしまうから家族はとても困って、時々ほかの方から食料をもらっています。
ロサン・テンパは一生懸命ゲシェを召さして、深い夜まで勉強しています。生活は、服、靴や本買うお金がなくて、とても困っています。食事はお寺からもらっているからなんとか大丈夫です。服も時々ほかの僧侶の中古品をもらっているが、それでも少し現金が必要でする家族はとても手伝えないからどなたが私にお手伝い下さいお願い致します。
今はインドの生活に慣れてきたが、着いたばかりの時に病院代、薬代などを払えなかったから年配の僧侶に少し借金しまた。2015年10月に親切な日本の方が私の借金を返しいただきましたからもう借金がありません。
ゲシェを取る為に一生懸命頑張りますからどなたが私に手をさしのべて下さい、お願い致します。

親費月々3500円

名前 タシ・ナンゲ

出身地  ネパール

僧院  南インド セラ

年齢 30才

僧院に入門 2012年


私はネパールで貧しいチベット難民の家に生まれました。父親は家から出て行きました。私には二人の兄弟がいます、一人は僧侶になり、もう一人はお母さんに手伝っています。
私は仏教の勉強のために、ネパールからインドに亡命し、南インドにあるセラ僧院に入門しました。
ネパールに居る家族はあまりにも貧しすぎて、私には経済的手伝うことが出来ません。食事はお寺から出ますが、全く手助けをしてくれる人がいないので生活はとても大変です。僧侶の服や靴も時々買わなければならないそして勉強する為の経典も毎年沸かなければなりません。
どなたか親切な方、私にお手伝い下さい。どなたから支援を受けようと、支援を一切無駄にすることのないよう勉強に励みます。
どうかご支援下さい。よろしくお願いします
親費月々3500円
 

名前 ダワ

出身地  東チベットカム

僧院  南インド ガデン

年齢 28才

 

私は今年、南インドにあるガデン僧院に入門しました。チベットではラタ村にあるラタ寺で勉強していましたが、問答の勉強が出来ないので、師でもあるリンポチェから問答の勉強の為にインドへ行くよう言われました。
僧侶として必要な経典は一通りラタ寺で学びましたが、問答だけは学ぶ事ができません。
インドについて暫くはインドの気候や風土、食事が合わず、体調を崩し病院のお世話になりました。
生活費全般の負担が、こちらで親戚が全くいないのでとても難しいです。どなたか、私が生活出来るよう、また仏教を勉強し続けられるようご支援下さい。宜しくお願い致します。

親費月々3500円

名前 チサデ・チョダ・ギャルツェン

出身地  東チベットカム

僧院  南インドセラに入門 1994年

年齢 37才

 



セラに入門してから21年間里親なくても頑張りましたが、どうしてお手伝いが必要になった為、今回チベット・スノーライオン友愛会を私に里親を見つけるようにお願いしました。実は21年前にインドの気候になれていなかった樽病気したため、中間の僧侶にかなり借金しました。今はお陰様で元気になって、2012年からついた里親のお陰で借金も返すことが出来ました。現在年金生活している里親は今年の10月から私に対しての援助をやめました。しかし勉強が進むとたくさんのお経も買わなければならないので、どうしても博士号を取るまでにはお手伝いが必要です。病気な時にはあまり勉強が出来なかったが、今はその分以上生懸命勉強しています。私はゲシェ「チベット仏教の博士号」をとれる為ご援助下さい、宜しくお願い致します。
セラに入門してから18年間里親なくても頑張りましたが、どうしてお手伝いが必要になった為、今回チベット・スノーライオン友愛会を私に里親を見つけるようにお願いしました。実は18年前にインドの気候になれていなかった樽病気したため、中間の僧侶にかなり借金しました。今はお陰様で元気になったが、以前の借金を返さなければならない、そして勉強が進むとたくさんのお経も買わなければならないので、どうしてもお手伝いが必要です。インドには新関が居ないので、里親様のお手伝いに期待するしないです。
病気な時にはあまり勉強が出来なかったが、今はその分以上生懸命勉強しています。
私はゲシェ「チベット仏教の博士号」をとれる為ご援助下さい、宜しくお願い致します。

親費月々3500円


名前 テンズィン

出身地  東チベットカム

僧院  南インドセラに入門 2004年

年齢 29才 生1986年7月21日


.2004年に仏教の勉強のために、チベットからインドに亡命し、南インドにある僧院へ入門しました。家族5名はチベットで農業仕事しています。
私は現在仏教哲学と実践を勉強しています。私のインドに来る目的のはセラで博士号ゲシェを取りたいです。勉強を何も心配なく続けられる為にどなたが私にお手伝い下さい、お願い致します。インドでは知人も親戚もおらず、食事はお寺から出ますが、全く手助けをしてくれる人がいないので生活はとても大変です。僧衣も靴も友人から中古をもらっています。
親費月々3500円
 

名前 テチョズィム・ダパ

出身地  東チベットカム

僧院  南インドセラに入門 2008年

年齢 27才 生1988年1月7日

  2008年に仏教の勉強のために、チベットからインドに亡命し、南インドにある僧院へ入門しました。家族3名はチベットで農業しています。
2008年から2015年まで仏教哲学と実践をたくさん勉強しました。しかし博士号を取れるまでの道がまだまだ長いから、どなたが私にお手伝い下さい、お願い致します。インドでは知人も親戚もおらず、食事はお寺から出ますが、全く手助けをしてくれる人がいないので生活はとても大変です。僧衣も靴も友人から中古をもらっています。

親費月々3500円

 

名前 ロサン・テンズィン

出身地  東チベットカム

僧院  南インドガデンに入門 1994年

年齢


1994年に仏教の勉強のために、チベットからインドに亡命し、南インドにある僧院へ入門しました。
私は仏教の勉強を最後までして、仏教の博士号を取得することを目指しています。インドでは知人も親戚もおらず、食事はお寺から出ますが、全く手助けをしてくれる人がいないので生活はとても大変です。僧衣も靴も友人から中古をもらったりして過ごしています。
どなたか親切な方、私にお手伝い下さい。どなたから支援を受けようと、支援を一切無駄にすることのないよう勉強に励みます。よろしくお願いします。

親費月々3500円 要約されました

   
 

名前 ヤドン・ロサン・ジャンパ

出身地  東チベットカム

僧院  南インドのセラ僧院

年齢 25才

 小さい時に村の小学校に通って、中学校を卒業しました。その後ふるさとのお寺に入りました。お経を勉強しても、意味の説明がだれもできなかったから、インドで勉強する決心しました。2009年セラには入って、満足の勉強ができるようになりました。仏教の勉強と英語、チベット語の文法も勉強ができるようになりました。私は勉強するのは大好き、とても楽しいですが、気候は違うから色々な病気にかかり、とても大変でした。病院代、お経代、服代などは全部自分で払わなければならないので、とても困っています。親戚や知り合いもいないし、家族も手伝うことが出来ないから、どうかどなたがお手伝い下さい、お願いいたします
親費月々3500円


名前 ヤロサン・サムテン

出身地  東チベットカム

僧院  南インドのセラ僧院

年齢 30才

 
小さい時に親の畑仕事に手伝って、その後しばらく小学校に通った。その後親に相談し、地元のお寺に入りました。しかし問答などができないから勉強の為インドのセラ僧院に入りました。今はセラで一生懸命勉強しながらお年寄りや病気の僧侶にお手伝いしています。しかし気候は全然違うから、体が弱ってきました。お寺の決まりでは病院代、服、靴や本代を自分で払わなければならないからとても困っています。どなたが私にお手伝い下さい、よろしくお願いします。
親費月々3500円

 




名前 ロサン・テンデン

出身地  東チベットカム

僧院  南インドの僧院

年齢 34才


1996年に仏教の勉強のために、チベットからインドに亡命し、南インドにある僧院へ入門しました。
私は仏教の勉強を最後までして、仏教の博士号を取得することを目指しています。インドでは知人も親戚もおらず、食事はお寺から出ますが、全く手助けをしてくれる人がいないので生活はとても大変です。
どなたか親切な方、私にお手伝い下さい。どなたから支援を受けようと、支援を一切無駄にすることのないよう勉強に励みます。今は勉強の毎日で、僧衣も靴も友人から中古をもらったりして過ごしています。どうかご支援下さい。よろしくお願いします。
里親が2015年2月に決まった

名前 チョズィン・ツルトリム

出身地  東チベットカム

僧院  南インドの僧院

年齢 25才

 


私は東チベットに生まれました。私は僧になる為インドに亡命し、セラ僧院で仏教を学ぶ為入門しました。しかし気候はチベットと違って、結核をかかってしまいました。この健康や経済状態で勉強するのはとても難しいです。生活費や治療費、病人食にもとても困っています。今は通院のために借金をしています。服や靴を買うのも大変です。
どなたかご親切な方、私が健康を戻す為そして仏教を勉強し続けられる為ご支援下さい。一生懸命勉強しますので宜しくお願い致します

里親が2015年9月12日に決まった


名前 ロサン・シンパ

出身地  東チベットカム

僧院  南インド セラ

年齢 28才


 
私は2004年に、チベットから亡命しインドのセラ僧院に到着しました。仏教の博士号取得を目指して、一生懸命勉強しています。博士号の為の勉強も終盤にさしかかっています。
私は先生から教えを受けた後、復習や、他の勉強を夜8時から真夜中の2,3時まで行い、他の人について行けるよう頑張っています。真夜中まで勉強し、家に帰ると先生も皆寝ていて、私はとてもお腹が空いていますが、食べるものはなにもありません。たまに、我慢が出来ずコーラを飲んでしまうと、それは身体に悪いと先生に怒られます。水だけではお腹は膨れないので、たまにクッキーを食べたりしますが、それを買うお金もありません。
インドには親戚が全くおらず、僧衣や経典などにお金がかかり生活はとても苦しいです。どうか親切な方、私に仏教の勉強が続けられるようご支援下さい。どうぞ、宜しくお願い致します。
里親が2015年9月6日に決まった

 

名前 イエシ・トテン

出身地  東チベットカム

僧院  南インドのセラ僧院

年齢 22才

  私は中学校を卒業した後親の相談しました。チベットでは細かい仏教まで勉強ができないから、インドに行くと決めて、セラに入りました。そこで思ったとうりに勉強することができました。私は元々お経を読むのが大好きでした。しかし勉強が段々と進むともっとお経を買わなければならないですが、収入がないからとても大変です。本代や服などの為にお手伝いが必要になりました。どなたが私にお手伝い下さい、お願いいたします。インドには親戚や知り合いがいないから、お手伝い下さい。必ず一生懸命勉強し、里親費を決して無駄にとません、約束します。
里親が決まった 2016.2.7.
 

名前 ロサン・ツェゾン

出身地  東チベットカム

僧院  南インドのセラ僧院

年齢 26才

 小さい時に牛の面倒を見て、その後数年間小学校に通よりました。少し大きくなってから、僧侶になりたい気持ちになりました。自分のふるさとで仏教の博士号を取れない為インドに行くと決心しました。2010年インドに行ってセラ僧院に入りました。セラに来てから色な本を買わなければならないと分かって、服代なども必要になった為、とても困っています。勉強は自分の力でできるかが、生活費の為どなたがお手伝い下さい、お願いいたします。
里親が決まった 2016.1.27

名 イエシ・サンゲ   2015年 22才

出身地  東チベットカム 

僧院  2007年セラ僧院に入門

母親は彼が1才の時に亡くなりました。父親は婿養子だった為、父親は彼を自分の実家に連れて行って、しばらくしてからまだよその家の女性と結婚しました。彼は祖父と祖母に育てられました。 
2007年にゲシェを取る為にインドに亡命すれば良いと祖父母に進められました。現在インドで一生懸命勉強しています。
手伝う方はだれもいませんから、服代や靴代、本代などはなかなか払えないからとても困っています。時々先生にお手伝いしていただいているが、いつも頼めませんからとても困っています。
ゲシェを取る為一生懸命勉強していますが、まだ完全にインドの気候になれていないから、時々病院に行く必要がありますが、バス代、病院代など払いのはとても難しいです。食事はお寺からいただいています。どうしてもお手伝いが必要です、どうかどなたが彼に手をさしのべて下さい、お願い致します。

里親が2015年10月17日に決まった


     
     
     
     
     
     
 
申し込みはこちらへ/Application  
All Rights Reserved, Copyright (C) 2006-2013TIBET AID,Japan Reproduction of any photos prohibited