プロファイル 

チベット・スノーライオン友愛会はNGO団体であり、インドにいるチベット難民の青少年が教育を受けるチャンスを得られるよう、また日本においてチベットの現状や
、文化が広がるようにと願い、1987年9月に代表の森田藤子によって京都で設立された。代表は 2015年までチベットレストランを営業した、そして代表
はSorig Khang JAPAN国際伝統チベット医学団体の日本部副理事でもあります。

友愛会は2000年7月より『日本カム基金』というプロジェクトを立ち上げ、東チベットカム「現在中国の四川省に編入」において新しい活動を展開している。チベット全
土をカバーすることは困難なので、まず外国から援助の届きにくいカム地方の子供と若者が教育を受けるチャンスを得られるよう、また地域医療向上を目指して、地
域に根ざしたチベット医学の良い医師を育てることを目的としている。

チベットスノーライオン友愛会と日本カム基金の運営方針
チベットスノーライオン友愛会と日本カム基金(TIBET AID,Japan)は一般の方々からの寄付金で運営されている。皆様から寄せられる御寄付を出来るだけ多くの方に
役立てるために、代表や2名のスタッフ、ヴォランティア、またインドとチベット在住の現地スタッフは皆仕事を持ちながら無給で団体の為に奉仕している。代表は事務
所を無償で団体に提供し、友愛会インド代表と日本カム基金チベット代表も事務所を団体に無償で提供している。
申し訳ないですが、NGOとしては税制優遇 寄付金
控除が受けられません。

 
 皆様の暖かい援助のお陰でチベット・スノーライオン友愛会は2017年9月1日に30周年を迎えられることになりました。本当に有り難うございました。
これからも活動をを続けていきたいと思いますので、どうかよろしくお願い致します。チベットの中の活動ヤクプロジェクトとンガパ(シャマン)医学生に対しての援助を地道に続けていきたいと思います。インドならインド生まれの貧しい家庭の子供と若者に対して里親運動とインドのチベットのお寺で 勉強中のチベット生まれ僧侶に対しての里親運動も続けていきたいと思います。引き続きどうかよろし区お願い痛ます。

ア☆      
 リンクを張って下さる方は左のバ-ナーご利用下さい。リンクを張る時はメールにてご連絡をお願いいたします。Please feel free  チベット・スノーライオン友愛会のFacebookhttps://ja-jp.facebook.com/
TibetAid.Japan
/
  クリニカルスパ チベット伝統療法 
うぱらチベタン・ヒーリングセラピー&Shinkyu/京都四条烏丸
Yahooサイトで当会に500円から10万円まで一回のみ又は毎月にクレジットカードでご寄付が可能  捨てられたわんと猫ちゃんへのおすすめの
援助サイト
Happy House
 銀行口座名   チベット・スノーライオン友愛会
 
「チベットスノーライオンユウアイカイ」
 銀行名  京都中央信用金庫 丸太町支店
 口座番号  店番032 口座番号0505522
 銀行口座名   郵貯銀行  講座名上と同じ
 口座番号  01080-1-55781
 京都中央信用金庫での振込の場合はお振込後に必ずメールでご連絡をいただけますようお願い申し上げます
Tibetan Snowlion Friendship Society (TIBET AID,Japan )is a recognised NGO which has been founded in Kyoto in September 1987 for the purpose of providing educational opportunities for Tibetan refugee children and youths living in India , and to promote Tibetan culture in Japan .

TIBET AID,Japan started working under the name 「Nihon Kham Kikin」in Eastern Tibet,which is now a part of Sichuan,China. We have chosen this part of Tibet,because no foreign agency is helping there,yet. Our aim is, to give children and youth from extremely poor Tibetan families a chance to go to school, to help decrease the illiteracy of young Tibetan adults, to help raise the medical standards in that part of Tibet, to increase the quantity and quality of Tibetan medical doctors, and to help extremely poor farmers become self-reliant. Nihon Kham Kikin was
founded in July 2000.

Management of TIBET AID,Japan (Tibetan Snowlion Friendship Society & Nihon Kham Kikin)

The Snowlion Friendship Society & Nihon Kham Kikin is funded by donations from individuals. Office operations are purposefully kept to a minimum. The office consists of the President, Mrs Fujiko Morita, who is also the founder of the society, and two fulltime staff members. In addition, it is comprised of Japanese volunteers and volunteer staff in India , and Tibet who are working for the society without payment, but who have their own jobs. The office space in Japan is being provided free of charge by the President and the offices in India and Tibet are also being provided free of charge by our Indian and Tibetan representatives.
Our motto is to use as much donated money as possible for the welfare of the needy and to reduce office expenses as much as possible.